第九コンサート2011

前年に引き続き
知人がコーラスをしているオーケストラの
第九演奏会に行ってきました
音譜
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

席は、知人に「おまかせ」で取ってもらったのですが
またもや、マニアックな席でした
(↓「ココ」って書いてある所です星
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ステージの真横。
演奏している人達が、本当によく見えるので
眺めは、最高でした~ラブラブ!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

バッハの
「主よ、人の望みの喜びよ」
「トッカータとフーガ」が
会場にある巨大なパイプオルガンで演奏されました音譜
とてもメジャーな曲なので、
皆さんも、聞いた事があると思います。
原曲は、
「口と心と行いと生きざまをもて」と言う賛美歌です。

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

動画●主よ、人の望みの喜びよ●
心が洗われるような、澄んだ音色の曲です。

動画●トッカータとフーガ●
強烈な旋律と重厚感を持つ、ドラマチックな音色です音譜

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そして最後は、
ベートーベン「交響曲 九番<合唱つき>」。
今まで私は、
演奏する人の、指や動きを見るのが好きでした。
でも今回は、体で感じたくなったので
目をつぶって聞いたりしていました。
視覚をあえて遮断する事で、
こんなにも感じるなんて~(≧▽≦)ドキドキ

ベートーベンの人生は、
決して平坦なものではありませんでした。
結核の母の死、アル中の父の死、憂ウツ病、
聴覚障害、実らない恋、自殺未遂、
民衆よりも権力を取ったナポレオンへの失望

そんな中で、
「人類の歓喜」を謳ったこの曲を作りました。

動画●ベートーヴェン交響曲第9番 第4楽章 抜粋●

この曲の初演の時、
指揮者をしたベートーベンは
既に音が聞こえていませんでした。
演奏が全て終わっても、
観客が拍手をしているのも気が付かなかった
ので
歌手の1人が、聴衆に向き直らせた時に
初めて、観客の賞賛に気が付いたそうです。

57歳で肺炎にかかり、
病床で最後に言った言葉は
「喝采せよ。友よ。喜劇は終わった」
だと言います。
曲だけでも、とても素晴らしいのですが
そんな事も考えながら聞くと、
更に本当に深い曲だなと思えて、震えてきました。

誘ってくれたM澤さん、
一緒に行ってくれた美紀ちゃん、
有美ちゃんと、そのご家族の皆様
有難うございました~ドキドキ
$☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

第九は、とても演奏時間が長いですが
部分的に、ドラマやアニメ等に使われたりしています。
とてもメジャーで馴染みのある曲なので
じっくり聴いたことない人も、
1度は、是非聞いてみて下さい合格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です