続:ハートの国のタロット~幸も不幸も自分の中に~

以前のブログ、
ハートの国のタロット~慈悲の怒り
を読んだ人で
「私より辛い経験をしている人がいるので
私はまだマシだ」と言っている人がいました。


私は昔から、凄く色々な事件やトラウマがありました。
それに心が囚われている一方で
「飢えている人や、戦争をしている国に比べたら
私の悩みなんて、大した事ない」
とも思っていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

だから小さかった私は、
つらい事や悲しい事がある度に
「神様、私は我慢しますので、
その分、世界で苦しんでいる人を救って下さい」
と思っていました。

自分の人生に期待を持つことのなかった私の
「期待の持てる人生」の投影は
「もっと苦しんでいる人達が幸せになる事」に
摩り替わっていました。
だから「苦しんでいる人」は、「第二の私」でした。

社会人になって実際に、
カンボジアに行って
地雷で親を亡くした子供達の孤児院で
ボランティア
をしました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

バックパッカーとしてインドに行って、
足がなくても手がなくても元気な子や、
学校にも行っていないのに、独学で五ヶ国語を勉強し、
路地で元気に働いている子供も見ました。
当たり前ですが
誰かと比べて「幸せか」と言う事ではないのです。
幸も不幸も、全て、
受け取る自分の気持ちの中にあります。

「本当の私を理解してくれる人は何処にもいない」
と言う人がいます。
でも、自分を理解してもらう為に
本当の自分を理解しようとしている人は、あまりいません。
自分にも他人にも、自分を判ってもらえなくて
ストレスを感じている人が、とても多いように感じます。

孤独感を感じながらも、
そんな寂しい自分を見る事にも疲れて
目をそらしている。
自分の価値観・自分の軸が判らないから
「他人から期待された自分」を演じる事
慣れてしまっている人。
「格好いい人が好き」と、
他人を外見で判断しているのに
「ありのままの自分を愛して欲しい」
と言う矛盾のスパイラル。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そんな人は、
自分の心が、どこから起因して存在しているか
一度考えてみてたら良いかも。
とても難しいけどね。
他人の意見に左右されてしまう事に慣れ過ぎて、
見えなくなっている自分が必ずいると思います。

昔、自転車に乗れなかったけど、今は乗れる

昔は、人参が嫌いだったけど、今は普通に食べられる

昔の自分には重要な問題だったけど
今は大した事ないと思っている事って、
誰にでもあると思います。
そんな風に、あなたは今より
もっと変わることが出来ますよ。
小学生の時に九九を覚える事が出来なかった自分を
今の自分が見ると
「今思えば、あんなに簡単な事に、必死だったな~」と
笑ってしまう事もあると思います。

だから、今の自分の人生が最終地点だと、決めないで。
そんな悲しい事、言わないで。
もっと楽しめる自分を探してあげて。
あなたにはまだ判らないかも知れないけど、
「何か」を期待しているから
苦手なんだよ。泣くんだよ。怒るんだよ。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

何か嫌な事があっても、
自分が何で、「嫌」と感じるかを見てあげて。
それに繋がる
過去の自分の経験を通した
「心の目のフィルター」があるんだよ。
その心に目を向けてあげて。
嫌だと感じるのには、理由があるんだよ。

引越したばかりの土地は、
全然知らない場所ばかりだけど
少しずつ道を覚えていくと、知っている場所になるでしょ?
心も同じで、
行動範囲のフックを、色々な所に下ろして
それが広がると必ず
点と点が繋がって、面になり、立体になり
自分の可能性が繋がり、広がっていきます。
それに従って、感情の幅も開けてくるよ。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

だから、躊躇しないで欲しい。
他人と関わる事を怖がらないで。
子供の頃って、もっと後先考えてなかったでしょ?
今は無意識に、周りの人の顔色うかがってないかな?
あなたの傷ついちゃった心が、そうさせちゃったんだね。
自分の心が理解されたら、
今まで経験したことないくらい、幸せだよ。

ある60代の女性は
「私の息子は昔、留学とかもしたのに
今は結局、普通の会社に就職してるの。
本当に無駄な事ばかりしていたわ」
と怒って言っていました。
でも本当は、全ての行動は、無駄ではないんだよ。
今の自分が好きじゃなくても
必ず何かに繋がる意味があるから、大丈夫だよ。

その目に映る、全てが事実。
それを見ているのは、
あなただけのオリジナルの価値観。
もっと広げる事が出来るよ。
怖がらずに一緒に、
これからも沢山行動して生けたら、私は嬉しいです。
だって、私もまだまだ変わりたいから。
私の言葉、届くかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です