田んぼ研修 1:種蒔き

私は、ご飯が超~大好きですドキドキ
なので、お米を自分で作る
田んぼの研修会に参加する事にしました~ひらめき電球
勿論、そんな事したことないので (≧▽≦;)
知識もなく、超~初心者ですクローバー
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

この研修会では
自然環境を再生していく人を「環境自作人」と名付け
心得は、4つビックリマーク
1. 農薬、化学肥料は使わない。
2. 草や虫を敵としない。
3. 手作業で汗を流すことを基本とする。
4. 自然環境を汚さず、自然の循環を妨げない。

場所は、神奈川の某所。
ただただ広く、周りには大地が広がっていましたキラキラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

まず最初に、ワラを燃やしますメラメラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

灰が出来ました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

その灰を、苗床にする場所に敷きます。
そうする事により、生えてくる稲が、
生き生きして、他と全然違うそうですひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

平らな物で叩いて、土を馴らします。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

種です。
今回は、サトジマンともち米を植えますニコニコ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

紙コップに入れて、ザッと蒔きます。
種まきの方法は、人によって色々違うそうです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、蒔いた種が重なって生えないように
ひたすら、指や割り箸で、均等にしますガーン
これが、凄く地味だけど
凄~~~く重要な作業です!!
(重ねて生えたら、
それぞれの苗の成長の邪魔になるから)
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

その上から、また水をやり~。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

手で柔らかくした土をかけていきます。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、土を優しくならして~。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

上から、少し小さく切った藁をかけます。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、また水をやり~。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

スズメ避けの為に、プチビニールハウス作りひらめき電球
針金を、苗床の土に差し込んでいって。。。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

上から、布をかけて。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

布を、割り箸と棒等で、固定したら
周りを、藁で押さえておきます。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ジャ~ン!!完成爆弾
これで、2~3週間後には、苗が出来上がりますドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、今回は参加者の方々が
持ち寄ってくださった食事でのお昼になりましたおにぎり
自作の玄米のおにぎりや、
畑で取れた野菜などを持ってきてくれましたドキドキ
理想の食事ですね~ビックリマーク
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

豚汁~合格
まだまだ外が寒い中、3時間の作業だったので
暖かさが沁みました~キラキラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

後先考えずに参加した米作り作業あせる
これから、どうなるか判りませんが、
楽しんでやってみます~ニコニコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です