父の誕生日とは?

昨日は、母の誕生日の事を書きました。
そこで、昨日初めて気が付きました。
2歳の時に亡くなった
父の誕生日を知らない事を ヽ(; ̄ω ̄)ノ おっとお~

今まで考えた事なかった。酷いかな (;^_^A はてなマーク
普通のご家庭の方は、どうなんだろう~はてなマーク
いるのが当たり前で、
「失ってみて初めて判る」的な存在の親だったら
誕生日を知らないって人もいるかもしれないね~。

2歳の時に亡くなったので
私には父の思い出がありません。
写真もなかったので、
実家(今はありません)の仏壇の顔しか
知りませんでした。
こんな事書くと、情が薄い人間だと思われるかなガーン

母は、亡くなった父の事を全く話しませんでした。
だから、私も物心ついた時から
「それは触れてはいけない話なんだろうなぁ~」
と察して、一切聞く事はありませんでした。

父の命日も知らないと気が付いたのは
中学か高校だったと思う ( ̄_ ̄ i)(あらあら)
それは、墓石に書いてあったので
密かに解決しました。

o0640048011940054531

心理学的に「片親の話をしないのは、
子供にとっては、自分の半分を否定されている様な
気持ちになる」との事です。
その点は、子供の頃から自己評価が低かったので
心当たりがあります。

それは、別の話なので
\(・_\) 置いておいて(/_・)/

1度思い切って、
母に父の事を聞いてみたのですが
物凄い拒絶をされました。
そしてその時に母が
「過去を話せない罪悪感を持っている」
と気が付きました。

母にとっては、父といた時の時間は
無かった事にしたい「黒歴史」だった様です。
夫としては、最悪だったって感じ。

でも、子供の時の私にとっては
それが「自分の人生の全て」でした。

その辺りが、母と私とでは
ギャップだったんだろうなぁ~。

波風のない人生はないし、
「普通」なんて人によって違うし、
頑張っている人は笑っているものだと
私は思っています。

母も今は、笑って生活しています。
2人でお墓参りに行くと、ほんの少しずつですが
父方の親族の事も話してくれる様になりました。
まだ色々、時間が必要なんだと思います。

そして気持ちは、殆どが「言わないと伝わらない」
ものだと思います。
だから私は、今後も沢山の人と
コミュニケーションをしていきたいです音譜
「今」を選んで生まれてきているんだからねグッド!

日本メンタルヘルス協会
心理カウンセラーコース後編の
「人間成長の心理学」の成長の順番を
ちょっとだけ(はてなマーク)外しちゃっているけど (^~^;)
少しずつ私達親子も、
まだまだ成長出来ると信じていきたいと思います。

………………あれはてなマーク父の誕生日は (°д°;)はてなマーク
だって多分、母しか知らないんだも~ん汗ビックリマーク
まだまだ生きてるビックリマーク新しい道を作るさ~汗音譜

父という存在から
今後も、何か学ぶ事があるかもしれません合格
有難うございますドキドキ(と、先に言っておこう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です