福島でマッサージボランティア(2)

今回、
マッサージボランティアと言う形で
被災者の方たちに関わるご縁をいただけて、
大変感謝しています。

「人が、人と触れ合う」事の大切さが、
一層、実感できました。
そして、
体のコリや疲れが
意識に与える力も再認識出来ました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
地震の日から、
ちょうど2年だったので
TV局の取材等も来ていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

今回、参加させていただいて
震災被災者と、
原発被災者の事を考える機会をいただきました
複雑な事情が絡み合い
今後も沢山の課題を残しています。

援助は、絆創膏の様なもの
と、言っていた方がいました。

援助は、あくまで「対処療法」であって
本当の意味での、
共に自立が出来る道への、成長を助ける」事
ではない
と言う事です。

2年前のボランティアの時も
女性の力になると言う事で
スポンジの製作の活動もしていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

私は、一生懸命生きている人が好きです。
TV等の、
「作られた情報」にだけ
敏感に翻弄されている人よりも
心を大切に、日常を送れる人たちの、
力になりたいと思います。

自分は本当に、前を向いて生きているだろうか
と、考えた事はありませんか?
そんな人は、
何かを選ぶ時の「判断基準」
「安いから」とか
「有名だから」とかではなく
「自分の魂が良いと思うから」で考えて
本当の心の声に耳を澄ませて
欲しいと思います。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道


「自分は、今のままで、良いのかな?」と思ったら
リセットのチャンス

遠回りなんて、当たり前

生きる事は、
TVや想像だけで、
「頭で理解したつもり」になるのではなく
体が体験する事」だから。

震災に関しては、
気持ちが溢れてきて、
あまりに課題が山積みで、上手く言葉に出来ません。
引き続き、
自分に出来ることを考えて
実行していきたいと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です