被災地へ。発酵食、仕込みボランティア

私が、勉強させていただいている
祐天寺にある
発酵食堂:豆種菌 で募集していた、
被災地へ送る発酵食の
仕込みのお手伝いに行ってきましたひらめき電球

豆種菌は、
311に地震があった直後から、
毎月、被災地に発酵食を届けているそうです合格
発酵食は、
冷蔵庫がなくても、ある程度の期間
食料資源を長く持たせられるので、保存食に最適ですドキドキ

まず、シャケをほぐして骨を取り、
昆布、甘酒、黒大豆、花山椒を入れます。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、醤油もろみを入れて、よく混ぜますひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

それを、ジップロックに入れて、完成~合格
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

シャケ以外にも、
野菜verも、作りましたニコニコ
キャベツ、人参、昆布、甘酒、玄米味噌、もろみ、生姜
その他沢山入れました~星
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道
この他にも、
昆布Ver、きのこVer等、沢山作りました合格
東北はもう、雪が降る時期です雪
少しでも、体に嬉しい物を届けたいですね音譜
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

私が4月に、最初の震災ボランティアに行った 時、
こう言った人がいました。
「なんで行くのはてなマーク
「私は行けないけど…」
「仕事があるから…」
「お金がないから…」
(↑こういう人は絶対、調べてもいません汗
でも、現地に行かなくても、出来る事はあるんですよ星

「命があるんだから、祈るより、行動してビックリマークと、
あるボランティアの代表者が言っていました。
だから、「何か出来ることを」
自分から探してみてくださいニコニコ

次によく、
「久美ちゃん、東北に、親戚でもいるのはてなマーク」と聞かれますガーン
東北に、親戚はいません…。
親戚がいる人しか、ボランティアしないのかいショック!
結局、やらない人は、
やらない言い訳を探したいだけですよね汗トホホ~。

「やらない言い訳」を探す人は、
その行動をしない事に、罪悪感を感じているので
それが、潜在意識に残り続けます。
それって結局は、妥協する自分を選択しているし
凄く体にも悪いので、
自分のやりたい事に挑戦したほうがいいですよ星

「大切なのは、
どれだけ沢山の事や、偉大な事をしたかではなく
どれだけ心を込めたかです」
と、マザーテレサも仰っていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

自分の可能性を、少しでも信じるなら
絶対に出来ることはあります!!
少しでも「何かしたい」と思っている人は
是非参加して、あなたの愛を込めて下さいドキドキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です