震災ボランティア2-2:南三陸町(歌津)

東北地方太平洋沖地震の
犠牲になられた方々に対し、
深くお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア:1回目
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南三陸町の歌津で、
撤去作業のお手伝いをさせていただきました。

テレビでも有名になった地区です。
でも、実際に見ていると、
私は来て良かったんだろうか
この光景を見て良かったんだろうか
見ていいのだろうか、見る権利があるのだろうか
と、凄く苦しい気持ちになりました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

この日は、山肌の斜面に絡みついたゴミを取る作業。
(左の上の方にいるのが、人ですあせる
急な斜面なので、
いるだけでも、足を踏ん張っていないと滑り落ちます!!
なので、次の日は太ももが筋肉痛でした汗
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

結構高い場所なのに沢山のゴミがありました。
鉄板、木材、服、アルバム、紐、袋
アスベストの欠片みたいな物も大量にありました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

南三陸町も、いまだに沢山の瓦礫やゴミが
残されたままです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

地元の人らしき方達が
瓦礫を回っていました。
少しでも希望が持てる物が見つかる事を祈ります。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ゴミを撤去した山肌は、とても綺麗になりました~ひらめき電球
(作業前の写真撮っておけば良かったあせる
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今回、お世話になった場所は
WFP(国連世界食糧計画)の、超~特大テント。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

歌津は、空気飛行機がとても澄んでいて
夜の星星空が凄く綺麗でした!!
セドナと大差ないくらいの星の数で、
UFOが出るかと思いました(セドナで2回見たからUFO

女性は、その中にテントを張って寝ていました。
因みに、私が帰った次の日から、
WFPのテントは
完全に物資用の倉庫として使用される事になり
メンバーは全員、外の駐車場でテントを張っての
寝泊りになったそうです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、これまたWFPの
長期保存可のビスケットの
賞味期限が切れた物を、いただけましたひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

有難いです。
刻印入り長音記号2
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

今回の歌津のメンバーです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、テントなので電気は通っていないから
夜は、時間帯を決めて、自家発電をしています。
だから、就寝時間が早めの21:30!!
早いので「寝られるかな~はてなマーク」と思いましたが
疲れていたせいか、朝まで爆睡でした(・∀・)汗
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ご飯も、ボランティアの方が
作ってくださいました。
お世話になりました。美味しかったです音譜
有難うございますドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、今回もしっかりと装備が必要です。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

因みに、2日間
お風呂に入っていないですけど、何か~はてなマークって感じにひひ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、作業後にはお風呂に入りました。
お風呂は、避難所になっている中学校に
企業団体の人達が
お風呂の設備を作ってくださったものです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、このお風呂の燃料は
「バイオ燃料」と言って、
生物体(バイオマス)の持つエネルギーを利用した
合成ガス温泉
非枯渇性資源として注目されている他、
二酸化炭素(CO2)の総排出量が増えない
と言われているそうです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

一緒にお風呂に入っていた方の中に
お子様が障害を持っているお母様がいました。
その子は、大声で同じ言葉を復唱していました。

私はアトピー持ちなので、
地震が起こって避難の話を聞いたときに
障害者や、アレルギー持ちの
マイノリティーの人達がどう対応しているのか、
とても心配でした。
少しですが、団体で支援している所もある様です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そして次の日晴れ
皆で朝食を済ませ、出発です星
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

駐車場までの道を歩いていると
地域の小学生がアメキャンディーをくれました合格
本当に地元の人達は暖かいですキラキラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

アメは、作業の休憩中に有難くいただきましたキャンディー
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ここでも、自衛隊の方達は
復興の為に力を尽くしてくれていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

2つ目の作業は、高台にあるお寺のお宅でした。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

お寺の周りは、すぐ海だったので
そこに何があったのか判らない位の状態でした。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

道が普及していない場所も、
まだ沢山見かけました。
これからも、皆さんのご協力が必要だと思いました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です