震災ボランティア2-3:気仙沼市(唐桑)

東北地方太平洋沖地震の
犠牲になられた方々に対し、
深くお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア:1回目
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気仙沼市の、唐桑と言う場所で
瓦礫撤去のお手伝いをさせていただきました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

まずは、ご自宅近くに流れたゴミを、
廃棄物置き場に運びました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

この地域の事を色々教えてくれた
リーダー的存在の、アヤコばあちゃんドキドキ
凄くキュートで、元気で前向きで
笑いの絶えない、超~可愛い方でしたドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

長く滞在していたボランティアの1人が
北海道に帰ると言うので、
アヤコばあちゃんはお土産をくれました。
サメの歯~(≧▽≦)あせる地元ならではですドキドキ凄い!!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして地元の方たちは、
1つの作業が終わった私達に
おやつをもてなしてくれました。
その気持ちが本当に有難いですドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

その後は、海辺の撤去のお手伝い。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

自衛隊の方々も、いつも頑張ってくれていますキラキラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

家が、横になったまま。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

1階部分が、潰れています。
電柱も曲がったままで、勿論機能していません。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

海に流れ着いたゴミの撤去をしました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

家の屋根、大量の漁業用の網、
木材、柱、トタン、カゴ、破片…
今はもうゴミとなって使えなくなった物が、
大量に流されています。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

夕方に作業は終了。
今日だけがむしゃらに
疲れるまで頑張っても仕方がない。
また明日も、大量の新たな漂流ゴミが、
テトラポットには着いているのです。
それを少しずつ撤去する作業を
地元の方々は毎日、皆で続けられています。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今回は、今は営業していない民宿に
お世話になりました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして朝食。
また皆で頑張りましょう~メラメラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

アヤコばあちゃんが働いていた養殖カキの加工所。
今は、全てなくなってしまったので
1から養殖するのは、何年も先の事だそうです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

作業用品も、全て流され、使い物にならない。
アヤコばあちゃんが、
当時の事を少しだけ話してくれました。
海の近くにいた漁師さんに
「波が来るから海から離れなさい!!」と言ったけど
「1度家に戻る」と言って、
その家も波に飲まれてしまったそうです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

アヤコばあちゃんは
「こうなったらもう笑うしかないよ~。
次から次へ何が来ても負けないよ!!」
と言っていました。
他人の目線とか、利益とか
そんな物が一切関係ない
海と土地と人を愛している人の、
本当の強さかもしれません。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

作業後に、また頂き物をしてしまいました~あせる
リンゴのコンポートドキドキ
甘いの大好きなので、嬉しかったですラブラブ
今度家で作ります~ラブラブ!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

草餅星
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そしてその後も、ひたすら海近くの撤去作業です。
余裕がなくて、全然写真撮ってなかった…(´д`lll)
屋根のレンガ、木片、茶碗の破片、テーブル等
皆で声を掛け合って、作業をしました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

とても前向きで、優しくて明るい
唐桑撤去作業のメンバーの方ひらめき電球
お世話になりました。有難うございますドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

因みに、今回お世話になった民宿の方が
露店でラーメンを作っているそうです。
私達が行った時には、もう売り切れていて
店じまいしていましたが、次回は行ってみたいです。
東北は、本当に頑張っています!!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です