今出来る事を:知る義務と権利

東北地方太平洋沖地震の
被害に遭われたみなさまに
心からお見舞い申し上げます。

計画停電の時に
「被災地の人の為に我慢しよう」と
言っていた方がいたそうです叫び
その方は、何故「東京注意電力」と言うのか
考えた事がなかったのでしょうね汗

東京にいる私達は、
どれだけ自分が
守られている環境にいるか
もっと考えた方がいいと思う…。

2012-08-31_09-35-43_entry-11337074938_o0450027812164175208

ハイチの地震の記事をいくつか読みました。
自分が、日本と言う先進国にいる事に
沢山考えさせられました。

ネットのニュースで初めて知りましたが
不要な電気を消せば、3割の削減は簡単だそうです。
今後、原子力発電による供給を続けるか
太陽エネルギー等のエネルギーに変えるか。
原子力発電と政治の、
利権が絡む関係も見えてきているので
どうなるのか、まだ判りませんが汗
便利と目先の利益を追求する以外の選択
もっと皆が選びましょう。

原子力による影響は
チェルノブイリの時の様に
今後、10年20年以上かけて判る事だと思います。

不安や心配な時間に
自分が負けないように
真実を見る知識を得る事は大切だと思います。
今回の地震では、
新聞やニュースだけでなく
ツイッターやmixiから発信される、
政府機関以外からの情報も膨大でした。

知識は荷物になりません星」ので
知る為の活動がこれからも沢山必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です