「 お薦め映画・DVD・本 」一覧

「地球にやさしい生活」、してる?

NYに住んでいるライターのご夫婦が
「ノー・インパクト(地球に負担をかけない)生活
を実際に1年間経験した、
映画「地球にやさしい生活」 です。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

●電車や車を使わず、移動は自転車。
移動に使われる、石油の需要を減らし、
排気ガスも出しません。

●エレベータを使わないで、階段を使う。
エレベーターに使う電気代の削減になります。

●食べ物はすべて400キロ圏内の地産地消。
食べ物の輸送に使われる石油の消費に加担しません。
産地が遠いので、肉が食べられなくなりました。
産地が近い食べ物を買う事で、
「見た目を長期間維持する為に使う農薬」の
需要も少なくなり、水も汚れなくなります。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

●包装された商品は買わない。
使い捨てをなくします。

●新しい服は買わない。
服はリサイクルで。

●生ゴミは、ミミズを使ってコンポストで土に還す。
大地に役立つ堆肥にしてから、土に戻す。

●雑誌や、トイレットペーパーは買わない。
紙の消費は、森林資源の破壊に繋がります。

●紙おむつは、オーガニックの布おむつを使う。
紙おむつ等の、使い捨てケミカル製品はゴミになります。
それと共に、成分が粘膜吸収されるので、体にも悪影響です。
濡れたお尻は、ぼろ布で。

●市販のシャンプー・化粧品は使わない。
市販の石油系製品は、
中身も、容器も、捨てても分解が出来ず
土と水を汚します。
そして中身は、人体に悪影響な成分が含まれています。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

●電灯を使用しないで、夜はろうそくで過ごす。
暖房・冷房も使わず、電力消費をしません。

●冷蔵庫を使わない。
同じく、電力消費削減。
腐りにくい食べ物を考えるようになると思う。

●洗濯は浴槽で踏み洗いをする。
電力削減と共に、
服を汚さない生活にも心がけると思います。
石油系の洗濯洗剤を使っていないので、
水も汚しません。

●コーヒーは飲まない。
コーヒーは、地消地産ではありません。
そして、
コーヒー・タバコ・バナナ・チョコ・マンゴー等の嗜好品を、
私たちが買う行為は、知らないうちに
「後進国が、貧困から抜け出せないシステム」に
加担しているのです。

●外食はしない。
消費期限を過ぎたものは、ゴミとして捨てられます。
それに協力しない、第1歩です。


●レンタル菜園で野菜を栽培。
自分が食べる物が、どう作られているかが判ります。
食べ物の価値を、金額だけで測る考えが変わります。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

この生活を全部、実践出来る人は、
先進国には1人もいないと思います。
勿論、私も、全部は出来ません。
でも、いくつか実践はしています。

主人公は、
「ムダを省いても幸せになれるか試したいだけなんだ」
と言っていました。
そして彼らは、実践していく内に、
「どこまで減らせるか、減らせない物は何か」が判ってきます。

地球との関わり方を考える上で必要なのは
「過程を知ること」だと思い、
土地を借りて、野菜を作り始めました。

映画を観た人が
「エコの大きな軸は“食”だなと感じました。
1日3回そのチャンスがあるんだから、
そこから見直す事は誰でも出来ることですよね」と
言っていました。
食べ物は、その先に
土壌、人間、水、見える問題・見えない問題が
沢山繋がっていると思います。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今のままではダメだ、という意識は
多分、多くの人が持っていると思います。
地球を愛している、環境問題に危機感がある。
でも、そこまでは出来ない?
じゃあ、どこまでなら、出来る?

周りにはモノが溢れているのに、
もっともっと豊かになろうとする。
電気があることだけが、経済成長だけが、
幸せの指針でない事は、判っている筈なのに。

主人公は、ストイックではなく、あくまで楽天的に、
この生活を前向きに楽しんでいました。
主人公の娘さんも、この生活をとても楽しんでいました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

「流行に乗る」
「お腹いっぱい食べる事が幸せ」…等、
そんな大人の「常識」が
「慣れさせられた」
「与えられた」ものだった事に気が付いて
常識の変化を受け入れられる。
そんな、柔軟な精神なって
皆が、それぞれの幸せにたどり着けるといいなと思いました。

私たちがいかに便利なものに頼って生きているか、
そして、その便利さが、どこに繋がっていたのか
日本人は今回の原発問題で
気が付いた方もいる事でしょう。

そして主人公は、
「環境問題の多くは、

相手の迷惑を考えない、地域社会の崩壊が原因だろう」
と言っていました。
この言葉は、精神的にも、現実的にも
深い言葉だと思います。

1人の発想は、小さい行動だったかもしれません。
でも、これは私達に無関係ではない内容です。
とても考えさせられる映画でした。

地球にやさしい生活 [DVD]
Amazon.co.jp

幸せ≠物質的な豊かさ「幸せの経済学」

幸せとは、心が感じるものキラキラ


そして、経済的にお金がないと、
やりたい事が出来ません。
では何故経済的に豊かになりたいか?
それは「相手(自分)をもてなしたいと言う心」
があるからこそ、ではないでしょうか?
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アメリカで毎年行う世論調査に
「非常に幸福だ」と答えた人の割合は、
1956年をピークに徐々に下がってきている。

50年前に比べて物は3倍に増え、
物質的な豊かさの面では
十分に満たされているはずだが、
人びとの幸福感は毎年減少を続けている。
私たちの幸せは一体どこへいってしまったのか。

さらに、消費型文化の拡大により
自然資源はもう限界まで達しており、
このペースで生産を続けていくと
地球の資源をすべて使い果たしてしまうといわれている。
“幸せ=物質的な豊かさ”
という定義が崩れ去った今こそ、
経済成長の追求に代わる新しい豊かさを考える時。

本作は、これからの私たちの暮らしの
あるべき姿の1つを教えてくれる。
40の言語に翻訳され、
世界各国で高い評価を得ている
「ラダック懐かしい未来」の著者であり、
世界のローカリゼーション運動のパイオニアでもある
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが描くドキュメンタリー。

「グローバルからローカルへ」をテーマに、
世界中の環境活動家たちが
これからの“豊かな暮らし”について語る。
消費型社会を見直し、
地域に眼を向けることによって、
その土地にある資源や文化を再認識し、
人と人、人と自然との関係を紡いでいく
「コミュニティの再生」の重要性を訴えている。
(作品資料より)

30年前は外国人立ち入り禁止だったラダック地方に、
西欧の消費文化が入りました。
そして、自然との係わりを大切にしていた
「伝統的な生活スタイル」が失われていきました。

そして10年後、ラダックの人々は、
「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、
貧しいんだ。支援が必要だ」
と訴えるようになっていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私の友達が昔、海外青年協隊員として
ブータンに行きました。
彼の行ったブータンは
とても素朴で、田舎で、人の目がとても優しく
心が豊かな国だったそうです。

そして10年ほど前からブータンには、
西洋文化が入ってきて、
ディスコや、TVや、麻薬などの影響が強くなり、
拳銃による事件も多くなっていったそうです。

西洋文化が入る前の日本も、
とても素朴で
人の心を優先する文化だったと思います。
いつからか、
「搾取と資本主義」が普通になってしまいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

映画の予告で

「生産者と消費者の距離が近付けば
輸入にかかる石油への依存を減らせます」

「この試みが成功すると信じ
想像力を働かせれば
石油が枯渇しても明るい未来になるでしょう」
と、言っています。

途上国で作れば、生産コストは安くなり
大量に作れますが
輸送費にかかった費用は、
製品に上乗せさせられます。
そして、大量生産のスパイラルが出来上がります。
世界の貧富の差は、ますます広がるばかりです。

何故、石油と原発に頼る経済を
継続しているのか、
考えた事がありますでしょうか?
西欧の文化がいけないという事ではなく
経済成長だけをバロメーターとする考え方に
危機感を感じます。

私達は、毎日
自分で未来を選択しています。
心の豊かさと言う視点から
沢山の人に観てもらいたい映画です。


ホルモン剤が普通?「フード・インク」

「フード・インク」と言う映画を観ました。
前に書いた「いのちの食べかた」に通じる映画です。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

大量生産する為に
鶏・豚・牛は、
糞尿垂れ流しで、ぎゅうぎゅうで身動きが出来ない、
屠殺を待つだけの環境で生産されます。
そして、密集していると、
病気が発生してしまうので、餌に抗生物質を入れます
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

鶏は、ホルモン剤を注入され
半分の時間で、2倍に太らされ、
急激に太った体を骨が支える事が出来ず、
立てなくなります

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

牛は本来、牧草が主食なのに、
遺伝子組み換えした安価なトウモロコシを
飼料として与えられているため、
うまく消化できず病気にかかりやすくなります

O-157は、
牛の大腸菌が突然変異して出来た病気でした。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

「こんなのは養鶏じゃない」と言う女主人。
でも、殆どの養鶏場は、
アメリカの大手企業と契約をし
借金をしているために逆らえず、
言いなりになるしかありません。

生肉加工場では、衛生管理が不完全なため
病原菌はすぐに他の肉に移ります。
不衛生で、不健康な牛の肉を
アンモニアで殺菌消毒して、
ハンバーガーが出来ています

これは対岸の火事で、
「アメリカの問題だから、日本には関係ない」
と言うことはなく、
日本はアメリカに追従し、輸入しています。
スーパーでは、国産の肉を選んでいても
外食産業の肉は、国産とは限りません。

「健康にはなりたいけど、安価な物に手が出る」
と言う人が殆どだと思います。
劇中に出てくるアメリカ人が
「お菓子の方が、野菜よりも安いから」
と言っていて食べ、
旦那が糖尿病なので、
健康と医療費の心配
をしていたのが、
とても象徴的でした。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

各個人が、正しいと思った道を
選択するしかないと思います。
「需要」があれば、
「利潤を追求する大手企業」が必ず付いてきます。

「今のままの生活でいい」と思っている人は
大切な人と観にいってみて下さい。


命を無感情で処理「いのちの食べかた」

「いのちの食べかた」と言う
食材に関するドキュメンタリー映画を観たのは、
4年くらい前でした。
$☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ナレーションなし、効果音なし、
広大で鮮やかなシンメトリーの映像、
安く、安定して生産する為の機械化、
無表情で無機質な屠殺場の作業員たち。
$☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

人間が生きて行くために食物として供される
肉、野菜、魚、果物の数々。
これらの食材はどのように生産され、
どのように加工され我々の食卓にのぼっているか。

牛や豚、鶏など生き物が
人間の食欲のために殺されていくようすは、
誰かがやっているとわかっているのに、
多くの人が目を背けてきた部分だと思います。
$☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

念の為に言っておくと、この映画は、
残酷描写で肉食を批判している映画ではありません。
「愛の反対は無関心である」
と言うマザーテレサの言葉があります。
私たちはもっと、
自分達の体を作る
食材の生産過程に関心を持つ事を
忘れていはいけないと思いませんかはてなマーク


シークレット

最近のお風呂のお供の1つは、
THE SECRET  でした。

DVDを観て、音声だけを聞いた回数を含めると
100回は聞いています合格

植物状態だった人が
歩いて退院が出来るほど回復したり、
乳がんと宣告された人が
治療を受けずに治したり等、
西洋医学では信じられない様な事が
現実におこっています。

「思考は現実になる」
と言う、「引き寄せの法則」は
とてもメジャーになりましたよね。

「人間の生理機能は、
偏った考え方や、
愛と感謝の欠如を

本人に知らせる為に病気を作ります」

この言葉は、体調の悪い私にはガツンときました。

「自分の手を見て下さい。
手は固体に見えますが
実際は違います。
特別な顕微鏡で見ると
エネルギーの塊が振動しています」
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

自分の手を見ると
自分の細胞であるエネルギーが、
「手」と言う固
を形作ってくれている事に
不思議な奇跡を感じます。

私達は、大きなエネルギー野の中で
機能しているエネルギー体なのです。
私達は繋がっていて、
ただ繋がりが見えないだけ。
外側も内側もありません。
宇宙の全ては、
1つのエネルギー野です。


ここでも、日本メンタルヘルス協会
トランスパーソナルと繋がりましたビックリマーク

このDVDは、あまり知識のない方には
少しスピリチュアル寄りで
判りにくいかもしれません。

過去にこだわらず、
望む事に集中して自分の未来を作り
今、自分がここにいる奇跡に感謝しましょうキラキラ