「 東北地方太平洋沖地震 」一覧

震災ボランティア(6)参加して思った事

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は、このボランティアに参加させていただいて
本当に良かったと思いました。
逆に、向こうの生活が充実しすぎて、
帰ってきて暫くは、頭が真っ白なままショック!
色んな人に返信してました汗

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

行く前の、周りの反応は色々でした。
親「………」(10秒以上絶句(≧▽≦;)すいません~あせる
友達「なんで行くの?」
「行こうなんて考えた事なかった」
「自分の仕事も決まってないのに~?」
「凄いね」
と、様々でした(・∀・)

でも、地震の時から、訳もなく何故だか
「行かなきゃ」と言う思いがずっとありました。
だから、逆に周りの反応が驚いていたのが
自分的には、不思議でした(^▽^;)
人生を満足行くものにする為には、
「意味と言う病」のスパイラルに入るよりも
一番大切なのは「直感」です星
「お金や仕事がなかったら、どうしたいか?」で、
日々の決断を考えるようにしています。
だから、どうすれば行けるか、色々調べて
行く方法を探し出しました。

そんな時、お友達のまゆみちゃんが
「本当に被災地に行く人は、
「行けるもんなら行きたい」とか言わないで
行動されるんだなと思った」と言ってくれました。

あ~ひらめき電球そうかもベル
私は、地位も名誉も権力もないし、
どこかのNPOに所属している訳でも、
ボランティア登録していた訳でもない
(現地に行くまで、
QRセンターの名前すら知りませんでした)。
でも行きたいと思った。
気持ちに従うのが、宇宙的にいい生き方だし
「やらない善よりやる偽善」だしねドキドキ

でも、「人の役にたちたい」と思う人が行ったら、
満足は出来ないかもしれません汗
ボランティアだからと言って
感謝をされる保証はないし、
裏方は、ひたすら地味な作業が続きます。
人に認められる事しかしない人は
行って色々経験してみて~あせる


あと、「お金がないから交通費がない」
とか言っている人長音記号2
ヒッチハイクで来ている人もいたので
そんなの問題じゃないかも~(・∀・)
出来ない言い訳を探す人生は止めよう~ひらめき電球

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道


因みに、わたしが信用している知識人の方々は
放射能汚染、水質汚染、土壌汚染に関して
「自己防衛が出来ない人は、
東北・関東から離れたほうがいい」と皆さん言います。
私もそう思います。
なので、判っていると思いますが、全ては自己責任です。

そして、
地震や原発に関して調べれば調べるほど、
この地震が
「地球人として自立しなければいけない」
と、最後警告されている様な気がします。
その話は、次の機会に~ひらめき電球

てんつくマン
「祈るなら 動きながらと まず一歩」
「日本は生まれ変わる!

と言っていました。
本当に、その通りだと思います。


原発問題、エネルギー問題、癒着政治。
安全神話と言う偽装環境に飼いならされ、
危機感に鈍感になって、
あぐらをかいていた私達には
今まで見過ごしてきた事が沢山あると思います。
自分が痛くないから。気が付くと痛くなるから。


ここには、
大切な物がある。
大切な人がいる。
光を感じる目、触れる幸せな触覚、味わえる幸せ
笑い会える仲間、許せる心
私はもう、沢山持っています。

それを守る為に必要な事は、
常識をリセットして、
1から考えて生きる事かもしれないと、私は思います。


震災ボランティア(5)参加者

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私がまず、参加してビックリしたのが
皆が、本当に
自主的に自立して行動する人ばかりだった事!!

集団心理として
「働きアリの8対2の法則」があります。
これは、蟻の中でも2割しか働いておらず、
残りの8割は、働いていないか成果を上げていない。
しかし、働き蟻の2割だけを
他のアリのコロニーから集めても
やっぱり2割しか働かない。
と言うものです。

その心理の統計で見ると
この集団は、10割が働いていました。
それは、来ている全部の人が
「被災者の為に何か出来る事をしたい」
と言う思いで集まった表れだと思いました。

そして、ボランティアの参加者は
とても個性的な方ばかりでした合格

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

★ぬいぐるみおじさん★
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

左の人が、ぬいぐるみおじさん(or タオルおじさん)音譜
ボランティアの方が、道で偶然会って
そのままセンターに連れてきた人ニコニコ
タオルとゴムチューブで人形をつくる名人キラキラ
手作りのタオル人形を、
被災者の方にプレゼントして、大好評でしたドキドキ

私も習って作りました。
初めてにしては、上手く出来た…かなガーンはてなマーク
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

実は、タオル人形は本職で、本も出していて、
ニュージーランドやアメリカのイベントに
招待された事もあるそうです星

そして、2003年3月20日イラク戦争勃発時に、
難民支援活動として、
「タオル人形を救援物資として送る会」を設立。
今は、仙台で被災した後、
各地の避難所でタオル人形をつくりながら
徒歩で青森に向かっている途中だそうですあせる

タオル人形で心がなごみ、
輪ゴムをはずすと一枚のタオルに戻り役立ってくれる。
心のケアも、実用性も兼ね備えていますキラキラ

ボランティア中は、それぞれ
自己申請の名前で呼ばれているので
おじさんの本名さえ知らなかったのですが汗
調べてみたら、ありました~合格
タオルとゴムだけでできるかんたん!マスコット

私も、帰る時に彼に
子ブタのぬいぐるみを貰いましたブタ
本当に、愛に溢れた人でしたラブラブ

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

★ひまわりおじさん(荒井勣さん)★
シャワーも使える「ひまわり温泉」を
提供してくれている人。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

阪神大震災の時に「瓦礫の街にひまわりを」と、
大量の種や苗を配った
NPO法人 ひまわりの夢企画 代表理事。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

中越地震や中越沖地震で、
全国から善意の茶わん(食器)を提供していただき
被災地で無料配布して生活支援をする、
という「お茶わんプロジェクト」もしたそうです。

そんな凄い人だとは、全く気にしてなかったので
夜中の2:00まで、
大笑いしながら、普通に語り明かしました星空
おじさんは、
「ここに来ている人達は、
もう何でも人の為に出来る人達だよ」
と言ってくれました。

そして、私の笑い声を
「凄くいいね~ニコニコ」と何度も言ってくれました音譜
どんな笑い声かと言うと、
「体育館中に響き渡るスコーンと突き抜けた声」
だそうですグッド!わはは~音譜
私もひまわりが昔から大好きで、
「ひまわりの様な人になりたい」
と思ってましたから~ヒマワリ


..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

他にも、個性的な方々が満載でしたドンッ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ニュージーランド人で、日本でバイクのディーラーを経営している人

日本の大学で博士号を取ろうとしているモンゴル人

バツ2で、とても気遣いやさんなシャイな関西人

NPO法人を今年から立ち上げた、自然農推進の方

栄養士の資格を持っている女性

今年から就職の新社会人

青年協力隊で、5月からジブチ(アフリカ)に行く人

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

全ての人に会えた事に、感謝致しますドキドキ


震災ボランティア(4)清掃・泥出し

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

3日目は、河北(石巻市)に、清掃と泥出しに行きました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

テレビで散々見ていましたが
実際に接すると、言葉が見つかりません。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

津波の被害が生々しく残った
瓦礫のままの街が続いていました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

作業する時の格好は、
ヘルメット、ゴーグル、マスク、グローブ、
雨具、長靴(釘踏み抜き防止インソール入り)ひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

一件目のお宅。
庭の土以外の不要な物を、
ゴミ袋に入れて外に運搬します。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

流されてきた物は、誰のものか判りません。
おもちゃ、アルバム、年賀状、茶碗、ガラスなど、
沢山出てきました。

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

1人では運べなくても、
皆で力を合わせれば運べる物もあります!!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

二件目のお宅。
ここは、ヘドロや泥が多く、
マスクをしていても匂いが強烈でした叫び
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

スコップで、泥を袋詰めしていきます。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

人の手では出来ない大きな物は
機械で作業していました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

石巻市は、まだまだこんな風景ばかりです。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

因みに、泥出し作業にはランクがあるそうですあせる
私達は、まだまだ普通レベル。
泥出しの為に潜ったり、
水が腰の位置までくる作業もあり
そうすると全身泥だらけになるそうです。

私のように、
たかだか4日しかいなかった人間が
言う事ではないかもしれませんが…。

ご年配の方に、この作業は無理です。
それに、テレビで
「泥が原因と思われる肺炎が、
去年の4.5倍発生している」と報道されていました。
この空気を吸い続ける事は、本当に危険ですドクロ
少しでも早く、より良い環境にするには、
皆さんの力が必要ですしょぼん!!

全然人手が足りません。
もっと沢山の人に力になってもらいたいです!!
「平日は仕事があるから…」かと言っている人、
土日だけのボランティアを募集している所もあります。
一人一人の作業は、本当に微々たる物ですが
助けてくれる仲間がいれば、
人は又立ち上がれると思います。
東北を助ける事は、日本を助ける事だと思います。


震災ボランティア(3)フロア

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2日目は、「フロア」のお仕事をさせていただきました。
「フロア」とは、
全国から届いた救援物資を
必要な人に支給する前段階で、
予め、判りやすく仕分けしておく作業です。

「デリバリー」の人達が、
被災者に聞き取りをして紙に記入して
「フロア」の人が、
そのニーズに合わせて、物資を箱詰めして、
各所に送る事が出来ますベル

とにかく、数が膨大なので
何が何処にあるのかが判らないと
必要な人に物を至急出来ません!!
なので、地味ですが
とても重要なお仕事だと思います!!

沢山の種類の物が送られてきます。
食べ物、衣類、おむつ、歯ブラシ、シャンプーetc
被災された方は、生活する為に必要な物を
一から揃えなくてはいけません。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そこで、スタッフの方々が、
何処に何があるのかの、
判りやすい見取り図を作ってくださいました~クラッカー
左上から、
子供系+靴、女性衣類、男性衣類、
生活用品1~3、おもちゃ系、食料品です音譜
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

この仕事をして思ったのは
送って下さる時は、何が入っているのか
詳しく書いていただきたいと言う事です。

例えば、服を送ってくださった場合。
サイズがいくつとか書いてくださると
それが欲しい人に渡りやすくなります。
ご自分が服を購入する時に
一番最初に必要な情報は、サイズとかですよねはてなマーク
使った衣類は、サイズが消えてしまっていたりして
判りにくかったです。

そして出来れば、
1つ1つビニールなどに分けて入れてもらえると
出し入れや、探すのがスムーズになり
早く誰かに届ける事が出来るし
貰った方も気持ちよく使用出来ると思います。
使ったままの裸で送られると、
何なのかが判りにくくて
折角のご好意を届ける確率が
少なくなる場合があると感じました。

1つ1つの物資に、
メッセージを書いて送ってくださっている方もいました。
そのご好意が、早く被災された方に届き
1日でも早く、生活がし易くなる様に
願うばかりです。


震災ボランティア(2)キッチン

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京を8:00に出発して、
宮城県の現地に着いたのは、夕方でした。
そこで、「キッチン」のお手伝いをさせていただきました。
「キッチン」と言うのは、
ボランティアさん達の食事を作る仕事です。

作業は、体育館の入り口に箱を置き
そこで、プロパンガスを使って作りますニコニコ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

ここまでしっかりと
食事設備があるとか考えてなかったので
本当に有難かったですドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

基本的に、ご飯と汁物は支給されました。
ご飯は、2升炊きが、3個もありました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

汁物用の鍋も、
何十人分も作れる大きな鍋でしたひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

皆様、1日お疲れ様でした~ドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、地元の人達が
差し入れを持ってきてくださる時もあって
とても食事は充実していました。
本当に有難いですドキドキ

アイスプラント~合格
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

島ラッキョウ~音譜
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

1人暮らしの、品数の少ないワビシイ食事より
とっても充実しています!!
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

では、今日も1日頑張りましょう~ドキドキ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道


震災ボランティア(1)RQ市民災害救援センター

東北地方太平洋沖地震により
被災された方々に対し、
心よりお見舞い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地震が起こった後、
ずっと心が「何かしなくては」と思っていました。
寄付をしても、祈っても
その考えはなくならず、痛く残り続けていたので
「私が他に出来る事はなんだろう」と考え
ボランティアに行く事にしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私が今回活動させていただいたのは
RQ市民災害救援センター (「QR」は、レスキューの略)。
東日本大震災の被災者救援の為に
3月13日に発足した任意団体で、
NPO法人 日本エコツーリズムセンター
が進めている、震災救援組織です。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

出来て間もないので、
全てが1からで、とても頑張っていますひらめき電球
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

活動拠点となるのは、今は使われていない体育館。
ここにテントを張り、寝泊りをしています。
救援物資の仕分けや、食事もここで行います。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

1日の流れは
6:30~朝食
7:30~全体ミーティング
~各自活動~
18:00~夕食
19:30~全体ミーティング
23:00~消灯
と、なっています合格

私が行った時の仕事は主に下の通りでしたひらめき電球
クローバーデリバリー(避難所等での物資・お手伝いのニーズ聞き取り、物資配達)
クローバーフロア(物資の仕分け作業)
クローバーキッチン(ボランティアの食事づくり)
クローバー総務(様々なコーディネイトおよび事務作業)
クローバーひまわり(テントカフェでの地域の方との触れ合い、子どもとの遊び)
クローバー温泉送迎(避難所の方たちに入浴を案内する)
クローバー唐桑(気仙沼)(泥掻きや、家具の運び出し)
クローバー歌津(仕分けや、その他全般)
クローバー河北(石巻)(泥掻きや、家具の運び出し)
クローバー元気村(ボランティア団体が主となって、子供達との遊び)
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

参加条件は
・原則として自立のスタンスをもつ
・心身ともに健康であること
・本部の指揮下で行動すること
・被災者への最大限の配慮をすること
の、4つ。

張り出していた求人広場では、
こんな人探していましたよひらめき電球
どなたかご協力お願い致しますキラキラ
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

場所が体育館なので、外よりは暖かいですが
夜は底冷えしますショック!温度は、0度前後なので雪の結晶
なので、ストーブ大活躍合格
暖かさが、本当に有難かったですラブラブ
行く人は、寒さ対策を万全に~パー
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

そして、お風呂は基本的に男女1日交代。
近くの介護施設が無償で提供してくれる所に行きます温泉

それか、近隣の住民の方が
自宅のお風呂を提供してくれているので、
そこに行く事も出来ます。
そこでは、地元ならではのご馳走が出たり、
差し入れを下さったりする時もあるそうですニコニコ
地元の人達は、自分達の方が大変なのに、
本当におもてなしの心があって
愛がある人が多いと感じましたビックリマーク

明日は、
私がさせていただいたお仕事を書きます。


再び、宮城ボランティアに行きます

先月、宮城ボランティアに
参加させていただきました。
で~ひらめき電球、明日から7日間、また行く事にしました。
☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道

4月に行った時の文章が
やっとまとまったので、明日から載せますね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宮城震災ボランティア
(1)RQ市民災害救援センター
(2)キッチン
(3)フロア
(4)清掃・泥出し
(5)参加者
(6)参加して思った事
(7)被災者と立ち上がる力を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1度行った人は、本当に大変な状況を
身を持って感じると思います。
東北だけの情勢に限らず
国境を越えて、
世界に汚染をしているので、
誰もが「対岸の炎」ではないと思います。

力はありませんが、
自分に出来る事をしていきたいと思います。


ただいま(≧▽≦)

帰ってきました合格

どうしても行きたかったので、行けて良かったです!!
凄い勉強になったし、
とても素晴らしい経験をさせてもらいましたキラキラキラキラキラキラ

本当に、行けた事に感謝いたします虹
もう少し考えがまとまったら、
ブログにアップしますね。

2011-05-09_07-07-33_entry-10879397695_o0640048011202424305

又明日からは、節操のないブログになります~(≧▽≦)

今後も、日本人には、
地震と原発の問題は続きます。

自分達の未来を、恐怖と不安に負けないものする為に
それぞれが自立する必要があると思います。


石巻に行きました。

☆地球と笑顔で調和しよう☆~バリへの道-DSCF6280.jpg

宮城3日目。
残念ながら、明日東京に帰ります。

沢山コメント有難うございます!
電源切れそうなので(^o^;)、レスは帰ったらします。すいません!

色々経験が出来ました。
帰って、考えがまとまったらブログに上げますね。

とにかく人が足りません!

「お金がないから行けない」と言う人、方法はいくらでもあります!本気なら探して下さい!
私はこのボランティアで、交通費・食費込みで出費は2,000円だけです。

今日石巻に行きました。
テレビでは見ましたが、実際に目にすると無力さを感じました。

人が早く住めるようになるには、人力が必要です!
土日だけでも、出来る事あります。

全ての人の協力が必要です。

全ての人の愛が必要です。

出来る事をしましょう。

有難うございます!


宮城ボランティアに行ってきます

今福島を過ぎました。

今日から、金曜日まで
宮城の災害ボランティアに行ってきます。

地震が起こった時からずっと
魂が「行かなきゃ」って思っている感じがして苦しかった。
寄付をしても収まらなかった。
だから、色々探していたの。
で、やっと昨日の昼に
「明日から行きますが、行けますか?」
って所があって、急遽決まりました!!

でも、親に話したら、電話の向こうで絶句してしまい(*´∇`)
10秒以上返事がなかったです…。
心配かけて、すいません…(≧ω≦)

向こうでの主な仕事の予定は、
・支援物資の仕分け作業と避難所までの物資の運搬
(物資が行き渡らない小規模の避難所)
・がれき撤去、泥出し、家や学校を使えるように掃除する
・避難所の方から指圧などをしながらお話を伺い、心を少し
軽くする。
・ボランティアセンターの食事係(50名~70名の食事作り)
だそうです!

昨日は満月○
手放すのが良いと言われていますが。
実は、バイトの面接を蹴ってこっちに来ちゃったの~ん( ̄▽ ̄;)
これも、手放しか~?!
(至急募集の所で、条件良かったんだけどね~)

もしかしたら、ただの自己満足かもしれない。でも何かしたかった。
だから、出来る事をしてきます~(*^▽^*)