アトピー克服記12:薬がないと生きられないのは絶対におかしい

愛する皆様♪このブログに
お越しくださいまして有難うございます。

重度のアトピーを克服した
オーガニックアドバイザー☆
鈴木久美です(*^▽^*)

前回は
【脱ステロイドのリバウンド】でした。

「ステロイドを使いたくない」
という気持ちがあるので
何度も止めてみては、
結局また使うしかなかった自分。

でも、痒くて眠れないからといって
学校を休んだら、当然、親も心配します。
母は「何でこんな状況になっているのか判らない」
と言う、困惑した悲しそうな顔をしていました。
アトピー

でも私は母親に
「どうしても薬を使いたくないの」
と言っても
その理由を上手く説明する事が出来ませんでした。

この頃はまだ、
「ステロイドの副作用」という情報はあまりなく、
一般的に「ステロイドはアトピーに有効な薬だ」
と思われていた時だったし
この時はまだ、私も
副作用の情報を知りませんでした。

母は、
「どうして薬を使うのがダメなの?」と
とても心配そうな顔で、私を見ていました。

私はその瞬間、
「こんなに痒くて辛い思いをしているのに
判ってもらえない悲しみ」
と、
「これ以上にない、
諦めにも似た冷静な気持ち」
になりました。
アトピー

そして、こう思いました。
「ダメだ。これ以上は、
親に心配をかけるし、学校にも行けなくなる。
ステロイドを使わないのもダメなんだ」

だから、母に言いました。
「判った。薬を付けるから、
そこに置いてある薬を取って」

そしてこの時から、また
ステロイドを塗り続ける生活に戻りました。

3日間、薬を使っていなくて掻きむしった肌は、
ステロイドを塗って30分もすると
赤みも取れ、綺麗な状態になり
すぐに眠ることが出来ました。

これで、親も安心することができたし
次の日には
学校に行くようになりました。

でもこの日以降、私は
「ステロイド以外の、アトピーを良くする方法」を
探す事を始めたのでした。

薬がないと生きられないのは、絶対におかしい

今思えば
「薬がないと生きられないのは絶対におかしい」
という思いは、
「私はなんで、
こんな薬を使ってまで
痒くて辛い思いをしなくてはいけないんだ」
という、怒りと悲しみからくる
考えだったかもしれません。

でも間違いなく、
その思いのエネルギーが
中学生だった私の
生きる原動力の1つだったのでした。

小さな自分には
世界を変える事は出来ないけれど
「自分を変えないと、生きられない」と、
ステロイド依存症になって
初めて思った時だったと思います。

次回は、
アトピーで試した15の治療法-1】です。

お読み下さり
有難うございました。

私のアトピー克服のシェアが、
同じような症状の方へ
少しでも役立つ情報になれば嬉しいです(^人^)

【アトピー克服記】
01:最初は少し痒かっただけ?
02:なんで薬を塗るの?
03:掻いてしまう罪悪感
04:着る服もベットも痒い
05:皮膚が腫れたムーンフェイス
06:白く残る悲しいケロイド
07:記憶も罪悪感も薄めるコルチロイド?
08:シャンプーが痒くて、汚い自分が嫌い
09:石鹸も洗剤も痒くて使えない
10:脱ステロイド
11:脱ステロイドのリバウンド
12:薬がないと生きられないのはおかしい
13:アトピーで試した15の治療法-1
14:アトピーで試した15の治療法-2

アトピー克服方法をシェアする「リアルお茶会」を、
限定6名様で開催する事になりました☆
詳細は下記をご覧の上、是非ご参加下さい。

皆様とお会いできる事を楽しみにしています(*^▽^*)

「アトピー克服の為のお茶会」開催します☆

・ステロイドを20年以上塗っていた
・プロトピックを5年以上塗っていた
・ムーンフェイスになっていた
・色素沈着で顔が黒かった
・掻き跡で、体に白いケロイドが残っていた
・シャンプーも洗剤も痒くて使えなかった
・脱ステロイドをすると痒くて眠れなかった
・薬を塗らないと眠れず、学校を休んでいた
・皮膚科の先生に「あなたの体が弱いのがいけないんだよ」と言われた

そんな私でも、アトピーを克服できました(*^▽^*)

今回は、その体験を元にお話をする、お茶会を開催します!
アトピー 克服 お茶会
【日程】2015年11月28日(土)
【時間】15:15~16:45(15:05受付開始)
【場所】ナチュラ(神田駅徒歩2分)
東京都千代田区鍛冶町2-3-14 フェリスビル1F

【参加費】2,000円(オーガニックケーキセット付き)
【申し込み方法】こくちーずよりお申し込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/353133/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です