アトピー克服記06:白く残る悲しいケロイド

愛する皆様♪このブログに
お越しくださいまして有難うございます。

重度のアトピーを克服した
オーガニックアドバイザー☆
鈴木久美です(*^▽^*)

前回は
【皮膚が腫れたムーンフェイス】でした。

顔から足まで、全身に
ステロイドを使っていた私の皮膚は
小学校高学年になっても症状は良くならず
掻いた皮膚が、変な状態で固まっていました。

一番痒みの酷かったヒザと、ヒジの内側は
掻いた所の皮膚の再生が追い付かずに
白くクッキリと浮き出て、掻き跡が残って固くなっている
いわゆる「ケロイド状」にまでなっていました。

その白いケロイドが
とても汚く感じて、恥ずかしかったので、
半袖も膝丈のスカートも履かなくなりました。
スカート

その頃の私の見た目は
顔は「皮膚が赤黒く腫れたムーンフェイス」
ヒジとヒザは「白いケロイド」

誰が見ても
「重症のアトピーの子供」だったので
よく町で
知らない大人に、いきなり声をかけられました。

「あなた、アトピーでしょ?
いい治し方があるから、話を聞きに来ない?」

でもその頃の私は、
自分が重症のアトピーだと言う事も
自覚していませんでした。

だから、なぜ知らない人にも
自分がアトピーだと判ってしまうのかが
全く理解が出来ませんでした。
学生

それに、いきなり
知らない人に声をかけられて
付いていく事は考えられません。

中学生だったのでお金もないから
声をかけてくれた人の話を
聞きに行った事はありませんでした。

その頃の私には
「お医者様だけが、治せる方法を知っている人」
だったのです。

因みに、ケロイドは
今は全く残っていません

どうして残っていないのかは
今後書いていきますね。

次回は、
記憶も罪悪感も薄めるコルチロイド?】です。

お読み下さり
有難うございました。

私のアトピー克服のシェアが、
同じような症状の方へ
少しでも役立つ情報になれば嬉しいです。

【アトピー克服記】
01:最初は少し痒かっただけ?
02:なんで薬を塗るの?
03:掻いてしまう罪悪感
04:着る服もベットも痒い
05:皮膚が腫れたムーンフェイス
06:白く残る悲しいケロイド
07:記憶も罪悪感も薄めるコルチロイド?
08:シャンプーが痒くて、汚い自分が嫌い
09:石鹸も洗剤も痒くて使えない
10:脱ステロイド
11:脱ステロイドのリバウンド
12:薬がないと生きられないのはおかしい
13:アトピーで試した15の治療法-1
14:アトピーで試した15の治療法-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です