アトピー克服記03:掻いてしまう罪悪感

愛する皆様♪このブログに
お越しくださいまして有難うございます。

重度のアトピーを克服した
オーガニックアドバイザー☆
鈴木久美です(*^▽^*)

前回は
【なんで薬を塗るの?】でした。

あなたは、蚊に刺されたら
掻きませんか?
私は、普通に掻いてしまいます。

アトピーが痒くて掻いていると
周りの大人は皆、
「病院に行ってきなさい」と言いました。
病院

アトピーで痒い範囲は
蚊に刺されるよりも範囲が広く
ヒザ、ヒジ、顔、お腹と
痒い場所も多くて、
毎日、無意識で掻いていました。

皮膚が痒いので掻いていると
周りの人は
「掻かないの!跡が残ってもいいの?」
と言ってきました。

そして、掻いている私を
「可哀想で見たくない」
という悲しい表情で見てきます。

でも、全身が痒かった私は、
掻かないでいる事は、出来ませんでした。

痒くなるのは、肌が弱い私が悪いから

痒みと言うのは
忘れることも出来ないし
掻いても痒さがなくなる事はありません。

むしろ、
放っておいても、痒さは増すばかりなので
精神がイライラして、泣きそうになります。
それでも、痒さはなくなりません。

「掻いてしまう弱い自分」への罪悪感と
「他人を不快感な気分にさせて迷惑をかける」自分。
ハート
薬を塗って、痒みを抑えなければ、
また怒られてしまいます。

その頃は、アトピーに関する情報が
全くなかったので
「痒くなるのは、肌が弱い私が悪いから」
と思っていました。

そして、私の周りには
誰もアトピーの人がいなかったので
痒いと「我がまま」を言っているのは
私だけだったのです。

痒みに対する罪悪感と
それを薬で抑えると安心できる気持ち。

そんな気分が悪くなるような
ドロドロした気持ちも、
何年もステロイドを塗り続けて
普通になってしまっていました。

周りの誰もが
「薬を塗るのが一番正しい」と思っていました。
私も、それが当たり前だと思っていました。

今は「薬を塗り続けるのは止めた方がいい」
と言えます。

その頃の子供の私は、
どうすれば良かったのでしょうか?

次回は、
着る服もベットも痒い】です。

お読み下さり
有難うございました。

私のアトピー克服のシェアが、
同じような症状の方へ
少しでも役立つ情報になれば嬉しいです。

愛と感謝をこめて(^人^)

【アトピー克服記】
01:最初は少し痒かっただけ?
02:なんで薬を塗るの?
03:掻いてしまう罪悪感
04:着る服もベットも痒い
05:皮膚が腫れたムーンフェイス
06:白く残る悲しいケロイド
07:記憶も罪悪感も薄めるコルチロイド?
08:シャンプーが痒くて、汚い自分が嫌い
09:石鹸も洗剤も痒くて使えない
10:脱ステロイド
11:脱ステロイドのリバウンド
12:薬がないと生きられないのはおかしい
13:アトピーで試した15の治療法-1
14:アトピーで試した15の治療法-2

~~~~~~~~~~~~~~
アトピーや、糖尿病や、癌でお悩みの方にお薦めの講演会です。
有益な情報が、必ず聞けると思います!!

9月18日アトピーも癌も作られた病気?内海聡講演会

「社会毒から身を守る、食と健康習慣」
・遺伝子組み換えって、何ですか?
・農薬って危険なの?
・薬、ワクチンを続けるとどうなるの?
・トランス脂肪酸を避けるには?
・TPPで何が変わるの?
・糖質は、悪者なの?
・食品添加物を避けるには?
・放射能は、今でも影響があるの?
・みんな使っている、ステロイド軟膏は大丈夫?
内海聡講演会
【日程】2015年9月18日(金)
【時間】18:30~21:30(18:15開場)
【場所】ムーブ町屋4階会議室A(ハイビジョンルーム)
東京都荒川区荒川7-50-9(町屋駅徒歩1分)

【参加費】講演会 2.000円(70名)
懇親会付講演会 5,000円(22:00-23:30、キャンセル待ち)

【お申し込み方法】こくちーずからお申し込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/327129/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です